keijiかぶき者に憧れていたが、己の実力の無さを思い知った若者が、河原で一人修行する……その背中にかけた、かぶき者『前田慶次』の一言である。『虎が精進するのかね? 虎はなにもしなくても虎なのだよ……』
弱者はどれほど修行しようが弱者だと。まったく身も蓋もないセリフである……だが、格好いいw