南斗聖拳を極めた南斗六星の最強の将星の男。

自ら聖帝を名乗り、子供達をさらっては、完成直後に崩壊するような巨大欠陥建造物の着手にいそしむ。(教訓ー巨大建造物は大人の手で)

目隠しで殴り殺した相手が自らの師匠だったという、インパクトのある伝承者認定試験により人間不信になる。

『愛などいらぬ!』『きさまらが飢えても帝王は飢えぬ』『退かぬ!媚びぬ!省みぬ!』聖帝には何かと名ぜりふがついてまわる。