中国拳法を極めた男で、『地上最強』とでかい顔をしている神心会に対して頭に来ていたが、愚地独歩の息子、愚地克巳をぶちのめして和解、急にいい人になる。

功夫着に暗器をしこみまくっていたり、一人おんぶした状態で河を走って渡ったりと、これまた世間の一般常識の通用しないお方。