いざ!ラテーヌ高原へ

m035新たな場所は九州近辺在住の人ならよくしっているであろう、熊本県は阿蘇のカルデラ大地の様な場所で、一目見たときから非常に気に入りました。
それまでにいたロンフォールの森は緑豊かでしたが、鬱蒼と木々が生い茂っており、木漏れ日の中を歩く感じでした。そして今度の場所は逆に風が吹き抜ける高原で、天気の移り変わりがはっきりと感じられます(雨も降ります)
そしてマップに高低差のあるのも特徴で、崖から落ちると坂道になっているばしょからしかあがることは出来ません。そしてその辺にはよく強敵がウロウロして・・・・。

banner_02.gif<<< 私も同じ死に方があるという人はクリックよろしく♪

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. 黒タル

    うわっ懐かしいな「ラテーヌ」かぁ~!あらためて考えてみるとサンドリア出身の初心者が「いざ、新天地へ!」と言えば次に「ラテーヌ高原」へとつながるのが当然といえば当然なんだよね、本当は。僕は訳も分からずハイキングにでも行くつもりで「ゲルスパ」奥地に突入したり、通りすがりの上級者に「えっ、ジュノ知らないの?行って見たい(笑)?」と訊かれて無邪気に着いて行ったり(人さらいだなありゃ)してたからなぁ。「新天地?はて、次はどこだろう??」と思ってました。ちなみに、前述のジュノでは往きは上級者に守られうきうき気分でしたが、ジュノに着くと「じゃ、帰りは死にデジョンでね♪」と言われ、独り決死の覚悟でサンドリアまで歩いたのでした。あの道は、長かった・・・。

  2. アカハナ

    そんなに簡単にジュノへ到達してたら感動が無いのでは?w
    まあ帰り道は苦労したみたいですが。
    初ゲルスパの話とかも後で描かないといかんですな〜
    あそこはスリル&エキサイトですから(^=^)

コメントを残す