『花の慶次』主人公で天下一の傾奇者と愛馬松風。

右手の朱槍を一降りすれば、十以上の首が宙に舞う、凄まじいまでのいくさ人。

北斗の拳も良いが武士道が、物語の主軸にあるこの作品もかなりグッと来ます、男泣きって奴です。